Entries

ピウのこと

ピウのことを書きます

4/30、熱帯魚を買おうとホームセンターのペットショップに行ったですが、そこでふらっと鳥のコーナーに立ち寄りました。

もともと鳥が好きで、小学生の時にはインコを飼っていたりしたので、
鳥を飼いたいなーとかぼんやり思っていたのですが、

売ってる鳥を見ていたら店員さんが触らせてくれて、、

生後一ヶ月くらいのまだやや雛のセキセイインコだったのですが

もうめちゃくちゃ可愛くて、

その日からゴールデンウィークで一週間くらい休みだったので雛の世話もできると思って、

だいぶ何時間かホームセンターにいたのですが、

買うことに決めました。

1羽は、色の綺麗な青の子、
もう1羽は、ずっと気になる子がいて、、

その子は、1羽だけ身体が小さく、
店員さんに聞いたところ、そこのペットショップでは差し餌を1羽ずつあげないので、その子は気が弱く(?)、なかなか餌が食べられないとのこと
(一応店員さんも気にして最初にその子に餌をあげてるそうですが)

わたしが水槽に手を入れたら、その子がギュッと乗ってきて、

勝手な妄想で
"うちでたくさん食わせてやる!!"

と思い、その小さい子を買いました。


それで我が家にやってきた2羽。

ゴールデンウィークには彼氏さんが遊びにきていて、いっしょに

"ピウ"と"ピコ"と名付けました。

青の子がピコ (小さいという意味)
小さい子がピウ(もっと小さいという意味)

ピウはやはりピコに比べたら小さく、ヨチヨチしていて、
でも餌も欲しがるし、食べていたので、

ショップで栄養不足だった分、うちで食べればそのうち大きくなるだろう、と思っていました。

ピウはとってもかわいい子で、ピコに甘えてピュルピュルいったり、
わたしや彼氏さんの手の中ですぐに寝たりしてました。

しかしピウはなかなか大きくならず、ゴールデンウィークが終わりピコが飛べるようになってもピウはヨチヨチしていました。

そこで初めて体重を測りました、
ピコ、32g
ピウ、17g

半分しかない、これはおかしい。。。

その時は夜だったので、次の日に獣医さんに連れて行くことにしました。


次の日の朝、

ピウが自分で餌を食べません

わたしの今までの経験上、動物が自分から餌を食べなくなる、というのは相当な危機だと思いました。

まずい、と思い、フォーミュラという栄養の高い粉のフードをお湯に溶いて、給餌用の注射器で無理矢理食べさせ、
心配でしたが学校に行きました。

お昼に一度帰ってきたときも、ピウは自分で餌を食べませんでした。

幸いその日の実習が早く終わり、
急いで獣医さんに連れて行きました。

獣医さんがピウをみて、
「これは相当やばいですね」
と言いました

そのうの検査と、糞の検査をしたところ、糞から寄生虫の卵が見つかりました。
これが原因かはわからないけれど、今見つかった異常はそれだけだった、と言われ、寄生虫を落とす薬をもらい、
ピウには生理食塩水を飲ませてもらいました。

その間もピウはほとんどおとなしくしてました。

帰宅してからも、目に見えてピウが弱っています。

手にホカロンを持ってテッシュを持って、ピウを暖めました。
そうしていないと、冷たくなっていってしまいそうで、不安で、、涙が出ました。

"こんなに弱るまで、気づかなくてごめん"

我が家にやってきた小さいピウに何もできなくて、申し訳なくて、、。

ピコはピウの毛づくろいをしてやると、
ピウが少し反応して元気になって、自分からピコのところに行きました。

パソコンで、鳥について質問できるサイトがあるというので、それを見るためにピウをピコもいっしょに水槽にもどしました。

パソコンでピウの状況を質問しようと思い、文章を打っている途中で、ピウの様子を見に行くと、ピウは動かなくなっていました。

ピウが死んでしまった。

ずっと一緒に心配してくれていた彼氏に電話をしました。

悲しくて、ピウに申し訳なくて、涙が止まらなかったです。

彼氏が、
「できるのなら、獣医の卵として、ピウの死んだ原因を調べてほしい」

と言いました。

「わたしの勉強になって、ピウが生きることができる」

もし、獣医さんにそれを頼んだら、きっと解剖をすることになって、ピウの身体を切ることになる、

そんなこと考えもつかなかったけれど、

できるのならそうしたい、と思いました。

その日は寝るのが遅くなり、寝坊した次の日、土曜日は動物病院が12時までだったので11時半頃に電話をかけ、ピウの、死んでしまった原因を知りたい、と話すと、
その日に、解剖してくれることになり、
急いで朝ごはんも食べず、ピウを連れて動物病院に行きました。

午前の診療が終わったあと、
ピウをお願いしました。

わたしが獣医学生であることを話し、解剖に立ち会わせてもらいました。

解剖で所見をしたあとに、内臓を取り、専門の機関に出して詳しい原因を調べることになりました。(2万円くらいかかる)

解剖では、ピウのそのう(鳥が胃の前に一時的に食べた餌を溜め込む袋)に、粟玉が溜まっていました。

通常鳥は、食べたものは半日くらいで消化されるらしいのですが、
ピウは金曜は粟玉を食べなかったので、1日前の粟玉がそのうに溜まっていたことになります。

食べたものが、うまく消化・吸収されていなかったみたいです。

なぜそうなってしまっていたのか、
病理の結果は2週間後に出ます。

獣医さんは、内臓をとってしまったピウのお腹に綿を詰めて、また綺麗に縫合してくれました。

すごく優しい先生でした。


ピウは、次の日の早朝、大学の綺麗なしだれ桜の下に埋めました。


毎年、綺麗な桜を咲かせてくれます。

ずっと、忘れません。


ピウ、ごめんね、ありがとう。


長い文章、読んでいただけたら、ありがとうございました













動物奇想天外

小学生のころ、「動物奇想天外」というテレビが大好きだった。

今テレビをつけたら、「天才志村動物園」というのがやっていた。


同じ動物番組だけど、全然違うな…。

志村動物園は、珍しい動物とかの赤ちゃん連れてきて、「かわいいかわいい」言ってるだけで、
そりゃかわいいだろー、て感じ。


動物奇想天外は、毎回けっこう硬派な特集があって、色々な土地の野生生物を取材して、クイズにしたりしてた。

で、たまに、ペンギンの赤ちゃんとか、ヒョウの赤ちゃんとかが、餌がとれなかったり、環境が悪かったりして死んでしまうのよ。
ガゼルなんかはしょっちゅうライオンとかに食われていて、そのシーンもよく流れてた。

小学生のわたしは、
「なんでこのカメラを撮っている人は死にそうな赤ちゃんを助けてあげないんだ!!」
て、いつも、悔しい思いで見てた。

(だんだん、人間が野生動物の生き死にに手を出すべきではないということがわかるようになった。)


そりゃあ、硬派な動物特集やるよりは、お手軽にペットショップから赤ちゃん借りてきて、流行りの芸能人と絡ませれば、
簡単にウケる絵が撮れるんだろうけど…。

なんか、これ見てると、なんかなー。。

すごく安易な動物番組だなと。



動物って、かわいいだけじゃないんだよ。

怖いし、厳しいし、汚いし、、。


もっと子どもが良い意味で衝撃を受けたり、知的好奇心をくすぐられるような動物番組やってほしいな。




はっ…待て待て!(°_°)

今、視聴者からの写真投稿で、猫がネギを食べようとしてるのが紹介されてたけど…。

猫にネギ食べさせたら中毒起こして死ぬこともあるというのはわりと有名な話では。

大丈夫かなあこの番組。
スタッフが動物愛してないのばればれだ。




これからペットを飼おうとする方へ

転載系記事です。

これからペットを飼おうと思っている方に、知ってほしいこと。

①ペットショップにいくまえに
ペットショップにいくまえに

獣医学科生仲間の、リンさんのブログで紹介されていました。
ペットという業界のことがわかりやすく書いてあります。
最近では、殺処分ゼロを目指して、自治体で飼い主探しや安易な引き取りをしない、というところもあるそう。
自治体の取り組みに加え、動物を買う人間が、殺処分やペットの事実を知ることも必要だと思いました。

もちろん、憧れの血統書つきの犬を飼いたいという気持ちもとてもわかります。。
(わたしも、柴犬とかハスキーとか、ボーダーコリーとか、ダルメシアンとか、、飼ってみたいもの。。)
でも選択肢のひとつとして、保健所から引き取るということも考えてみる、ということを頭に入れておくだけでも、違うと思います。


これに関連して


②犬を飼うってステキですか?
犬を買うってステキですか?

これは、東京都衛生局生活環境部獣医衛生課の出している冊子です。
こどもが「犬(猫)を飼いたい。」と言い出した場合、親子で読んだらいいんじゃないかなと思いました。
わたしはこれ読んで、ちょっと泣いてしまいました。

殺処分を減らすためには、「安易に飼わない」という、入り口が大事なのでこの冊子は良いです。
動物を飼うとはどういうことか、わかりやすく、現実的に書いてあります。


2つとも、多くの方に読んでもらえたらと思い、掲載させていただきました。



肉について

頭が復活してきたので、ちょっと前から書きたかった記事を書いてみます。

今から書くことについて、前置きしておくと、わたしはまだ、何も知りません。

最近思ったことです。
「知る」ということは、本を読んだり大学の講義を聞いたりして知識を得ることも、そうかもしれないけれど
本当の意味で「知る」ということは、自分の目で見て、身体で感じて、自分なりに消化して排泄したもの、なんじゃないかな、て。
わたしって今まで27年間、なーんにも「知らない」で生きてきたのかも。


まぁ、だから、わたしは今は本当のことは知らないけど、思ったことを書きます。

なんか最近、前置きが長くなってきた。。(^^;)



最近インターネットで見た記事なのですけど、
少し前、ファミリーマートのフォアグラ弁当が、動物愛護団体からの反対があったせいで、販売中止になって
そのときの愛護団体のキャッチコピー「動物はあなたのごはんじゃない」というのが、
「なにいってんの?」的な感じで、話題になっていたと思います。

当時はそこまで深く考えなかったのですけど、それの後追い記事のようなものを見つけて、その言葉の意味がわかったので。
↓その記事

http://wotopi.jp/archives/2937

フォアグラといえば、世界何代珍味とかで、わたしは特に何も知らずさぞかし高級なものなんだろうと思っていたのですが、そうじゃない。安い弁当なんかに使われるフォアグラのつくられる過程・・・ぜんぜん知らなかったです。

たしかに、これを見ると、何にも知らずにファミリーマートで「フォアグラ弁当」が690円で売られているのを、
とても喜んで食べる気になりません。。


でもこれって、牛や豚、鶏(卵)にしたって、わたしたちは今口にしている肉について、
どれだけのことを知っているのだろう。。

「どうせ」殺して食べてしまうのだから、どんな育て方をしても、効率が良くたくさん作れる方が、良いのだろうか。。
スーパーで手に取った安売りの肉は、抗生物質をバンバン与えて太らせた動物かもしれない。

…わたしは、まだ、「何も知らない」から、このことについては自分の意見を語れません。

動物愛護団体の主張が全て正しいとも思っていません。
肉食反対とも思っていません。

わからない、というのが本音です。

あ、でも「昆虫食」はけっこう、良いんじゃないかな、と思っています。


多分これから、獣医の卵としてたくさんの「現場」を見ます。
はっきり言って、やはり都会育ちであり、肉なんてキレイにパックされてスーパーに並んでいる状態のものしか見たことが無いので、そうとう、びびっています。

でも、獣医を目指すということは、命と向き合うこと。。

自分が、小動物(いわゆるペット)の方向に行くか、大動物・産業動物の方向に行くかは、今の時点ではハッキリしていませんが。

なにが自分にできることなのだろう。。

この6年間、もがき尽くそうと思っています。


どうかどうか、健康でいられますように。
たくさんの実習に耐えられますように。
病気にならずに6年間終えられますように。




あと、全然関係ないけど、この6年間、勉強も頑張るけど、
「女を捨てない」というのも心がけてゆきます。笑

あとは、楽しむ!



以上。また支離滅裂!!




Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ