Entries

ベース

このブログに「ベース」という書庫を作っておきながら、記事が一つもないことに気がつきました。

高2からベースをやっています。

高校生の頃、バンド活動にはまってしまったがために、勉強の世界から外れてしまったようなものです…。

去年くらいまで、趣味で弾いていましたが、全然上手くならないし、勉強しなくちゃなので、もうベースなんて、やめよう、と思っていました。

でも、実家に帰ったら、親に半額出してもらって買ったウッドベースがあるので、最近またボンボン弾いてます。

やはりウッドベースは楽しいです。

低くて、温かい音色が身体に響き、気持ちがいい。

下手でもいいんだ。
せっかく出会った楽器なんだから、下手だからやめる、なんて哀しいこと言わないで、勉強の合間に弾こう。

写真は、前の職場で描いた旗です。絵も下手ですが、好きです。





再スタート

前回の記事を書いてから、今日までに、とてもとても、とても、たくさんのことが起こりました。


けれども、今、自分が生まれ変わったような、おかしな、いや、不思議な気持ちです。

さっき、鏡の中の自分が、少し、違う人みたいでした。



覚悟はついた。再スタートです。


無我について

久しぶりの更新です。

前回、少し重い記事を書いてしまいました。
心強いお言葉などいただき、本当にありがたかったです。

最近は、4月よりはペースダウンし、パニック障害を治すこと、将来の道を、しっかり考えること、をしながら、勉強をしています。

結論を焦らない、ということが必要です。今まで、結論を焦ったために、何度失敗してきたことか…!

この間、一日中勉強する!というのはやめて、読書に多めに時間を使っています。
今読んでいる本は、

「パニック障害なんてこわくない!」エイズベッド
「DNA」ジェームズ・ワトソン
「法華経入門」松原泰道

です。二重らせん構造を発見した、あのワトソンさんの本は、かなり面白いので、今度ゆっくり記事にしたいと思います。

今日記事を書いたのは、「無我」ということについて、閃きがあったからです。

「無我」て、どんな状態か今までいまいちよくわからなかったのですが、
「自分がない」状態ではなく、「自我(自己意識)」がない状態のことなのではないかと。

大きすぎる「自我」は、本来の自分を見失わせ、欲や嫉妬、自虐など、を生み出す。

それから開放されて、本来の自分を生きるというのが「無我の境地」というものなのかと、ふと思ったのです。

わたしは、自分でも、かなり「自意識過剰」というやつだと思います。
嫌われたくない、怒られたくない、変なやつに思われたくない…と、かなりビクビクしています。
これが、良くなかったのかな、と考えていたら、仏教の本を読んでいたのも重なって、自分なりの「無我」の解釈を得ました。
本来の意味と違っているかもしれませんので、ご了承を…。

でも、こうして考えた場合、欲と、向上心の違いは、そこにあるのかと。

自我が絡んだものが欲で、純粋に自分を高める意志によるものが、向上心。

ずっと、欲と、向上心の違いはなんだろう?と考えていたのですが、今、自分的に納得いく解釈が得られて、少しすっきりしています。

「無我を目指す」と、急にやっても、難しいと思うので、「自我から開放されて、本来の自分を生きる」
ということを、心に留めておきたいと思います。

パニック障害のこと

前回の記事にコメント・拍手コメントをくださった方、本当にありがとうございます。
皆さんの人生が、納得のいくものになるよう、心から祈っています。

実は、今までブログに書いてなかったのですが、わたしは「パニック障害」というやっかいな、病気(というか心の癖のようなものだと思います)を抱えています。

具体的な症状をご存知でない方は、検索してみると色々出てきます。

わたしは、電車・映画館・劇場・人混みなどで、胸が苦しくなって、頭から血の気が引く感覚、動機、震えなどが急に起こってしまいます。

今思うと、大学2年くらいのとき(当時はなんだかわけがわからなかった)から、これまで7年間ほど。

電車に乗れないので、旅行に行けなかったり、映画に行けなかったり、
仕事が変わるたび近くに引っ越したり不自由してきました。

で、これは、今の仕事や自分に満足していないからだ!と思い、仕事も辞めて、勉強に専念していたわけですが、

どうも勉強をしていて、胸の圧迫感がとれないのです。

おそらく、今年受からないとヤバイよヤバイよ!という過度のプレッシャーがあったのかな。

でも、年齢は関係ないと言っていただいたり、身近な人にも相談して、今年受からなくても、ヤバくはない、かもしれない、と思い直すことにしました。

12日の代ゼミの模試を申し込んでいたのですが、閉所や人が多い所、逃げ場のない所が極度に苦手なため、模試のことを考えると胸が苦しくなって、どうしたものかと思っていました。

これを乗り越えれば、病気を克服できるような気がしていたのですが、今、獣医師という目標も揺らいでいる中で、無理に模試を受けて、途中で発作が起きたりしたら、それこそトラウマになってしまう。

ちょっと5000円はもったいないですが、明後日の模試は受けるのをやめにします。

目標がまた決まるまで、勉強は続けます。

そして、もともとゼロからのスタートで難関国公立を1年で絶対受かる!というのは相当難しいので、しっかり、難しいということを認識して、
今は基礎を固めることに集中したいと思います。

また、この「パニック障害」というやっかいなやつとも、逃げずに向き合い、(コメントをいただいた方の言葉を借りれば)10年後、笑っていられるように、ゆっくり、しっかり、考えていきたいと思います。



立ち止まる、考える

昨日はGWだったので、実家に行っていました。
そこで色々家族と話す中で、また少し、気持ちが変化しました。

昔からの夢だった、獣医、ということで目指すことに決めたわけですが、
いつか前の記事でも、自分が動物の病気を直接的に治したいのか、わからないと
いう悩みを書いたように、やはりそこで迷いがあって。

前提として、動物が好き→もっと知りたい→動物のためになにかしたい

という思考から始まっているので、
獣医は、基本的には動物に好かれるわけではないし、辛い処置をする場面も多いだろうし、
やはり自分にできるのかなという気持ちがありました。
もちろん、病気や怪我の動物を、直接的に治せるのは獣医さんだけだし、
それは大きなやりがいではあると思います。

そこで大変悩んで、気がついたのですが、
わたしは動物のお世話がしたいのかもしれません。

多くはありませんが今までの経験上、動物の病気の原因というのは、
飼育環境に起因することが大部分だと思うのです。

だから、例えば自分が、動物の最適な飼育環境について専門的に学び、
それを広めることで、間接的に動物のためになるのではないかと。
それは、伴侶動物だけではなく、産業動物にしたって、やはり生産物であると同時に
生き物なのだから、飼育環境を少しでもよくしたいし、

あとこれは動物園にも応用ができるのでは。
あそこに入れられてしまった野生動物たちは、不運だと思うけど、
少しでも彼らが愉快に暮らせたらいい。

まだわからないけど、遺伝的にそういう研究ができる可能性もあるし。
あと繁殖にも興味があるので、もしかしたら動物のお世話をしながらできるかもしれない。


というわけで、自分の好きなこと、やりたいことって
獣医師ではなくてもできることだということに気がついたんです。

そこで、じゃあどうしたらそれができるのか考えたところ、
岐阜大学にそういう学科がありました。
生物応用科学部の動物応用科学コースです。
http://www1.gifu-u.ac.jp/~zoology/index.html

これはどんぴしゃ。

あとは麻布大学にも、似たような学科はあった。

まだ獣医師への憧れは、もちろんあるので、少し悩みますが。
憧れだけでできる仕事ではないと思うので、
より現実的な方向性を考えていけたらと思います。


年をとった


そういえば、5月4日は誕生日でした。

27歳になりました…全然嬉しくない(ーー;)

勉強記録のアプリを、YUKIさんに教えていただいて、sutudyplusというのにしました。
日計が出るからやはりやる気でます。
結構、がんばってる?
もう少し早く起きて勉強開始できれば、8時間達成率が上がると思うのだけど、なかなか…。

このアプリはSNS機能もあって、他の人の勉強記録も見れるのですが、当たり前だけど、皆1996年生まれとかなんですね…10年違う。
けど、頑張る。10年前に頑張らなかった自分を、10年間許せなかったてことだから。

あと、去年は、誕生日にfacebookにたくさんメッセージもらったのに、今年はゼロでした…。
去年の夏の終わりから勉強始めてるから、友達との遊びをほぼ断わってるし、そんなもんよね。
どんどんはみだしものになっていく自分を感じた、27歳の誕生日でした。

でもね、去年の誕生日のわたしより、今の方がよっぽど自分に納得しているんだ!



化学

1から独学中の化学ですが、モルとかなんとか濃度~とか、嫌だなぁと思いつつ、
チビチビ進めていたら、昨日あたりから、突然計算が全く出てこなくなった。

アルカリ金属の性質とか、炎色反応とか、暗記ぽい感じだ。
これが、皆がよく言ってる「理論」「無機」「有機」というやつか!
今までやってたとこは「理論」だったのか。←今さら

なんかややこしい部分は抜けたっぽい!

まだ化学2は手付かずですが…。
でも化学は思っていたより、好きかもしれない。

身近なモノに使われている元素や分子や反応がわかると、面白いです。


引き続き、頑張ります!


にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村

センター英語

今日はZ会の、センター演習の英語を時間を計ってやりました。

2時間…かかりました。汗

で、168点でした。


それが、第3問以降は1問しか間違えてなくて、第1問、2問の、発音と文法問題がメタメタでした…。
しかも、主に時間取られたのが前半という。

でも、後半の出来がよかったのが、ちょっと救い

センター英語の課題は文法とスピードだということが明確になりました。

英文法て、わりとやってるはずなのに、試験問題にほとんど対応出来てない。
「これだ!」という参考書に出会ってないんだよなあ。

なんかこう、体系的に試験に出るポイントを覚えやすいような参考書はないだろうか。

センター試験が面白いほど解ける~シリーズの第1問、2問の対応のがあるみたいだからやってみようかな。
(表紙が恥ずかしいので、買ったことない。)

うーむ。
またしても課題山積。


にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村


Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ