Entries

2013年 締め

気がつけば、明日(今日)で、2013年が終わる。。


こんなに、長かった1年が未だかつてあっただろうか。。というくらい、ながーーーーい1年だった気がする。

去年の今頃は、まだバリバリ(?) 働いていて、あの街で、彼と、ぴよと、奇妙な暮らしをしていたなんて、
信じられない。なんか、夢みたいだ。


今年は、本当に、いろいろなことがあった。ありすぎた。

31日の日記には、今年のことを振り返ろうと思ったけど、いろいろありすぎて、書ききれない。


人生で1番、大切な動物に最悪なことをした。

それでもこりずに、動物と関わる道を選んだ。

人生で1番、長く多分深く一緒にいた人と別れた。

それでもこりずに、ものすごい勢いで恋をしては撃沈した。(ばかだ。)




それでも、今、少しずつ変わってきている自分も感じている。
根本的なものはきっと、変えることはできないけれど。

パニック障害も、ちゃんと治そうと思って、通院を始めて、だいぶ前進した。
パニック障害に対する考え方も、変わってきた。(前は、一切拒否していた。)


今でも不安がたくさんある。

実のところ、電車に乗って遠くに(神奈川だけど)試験を受けに行くというのだけでも、かなり不安だ。

合格するかどうかもわからないし、合格したところで、6年間きちんと通えるのかも、正直わからない。

自分なんかに、動物の命を預かるような仕事をする資格があるのだろうか。。。
また、動物を取り巻くシステムの現実に直面して、それに耐えられるのだろうか。



そして、これから先、誰かを、人間を愛していけるのだろうか。


わからないことだらけだ。
なんにも、わからない。
こんなに先の見えない年越しも初めてだ。




このブログがなかったら、今ここまで復活できていなかったかもしれない。

ブログを通して、受験生、再受験生、獣医志望の人、再受験生かつパニック障害の人、それぞれに頑張っている人。
いつも応援してくれるライオンさん。
いろいろな人と、出会った。
実際会ってもいないので、出会ったという言い方は違うような気もするけど、、、。
少なくとも、知ることができた。

悩んでいるときに、声をかけていただいたり。
わたしのどうでもいい記事も読んでもらったり。
逆に記事を読ませてもらったり。

いつもありがとうございます。m(_ _)m




ひとつ、今年気がついた大きな発見は、当たり前のことかもしれないけれど。

自分は自分のことを一生懸命やるしかない。

ということだ。
逆説的なんだけど、そうすることで、相手のことにも、もっとちゃんと向き合える、ような気がする。

あと、

先のことを考えすぎない。

ということ、かな。

「なるようになれ!」精神を身につけていきたいです。




ああ、やっぱり、まとまらない。苦笑

とりあえず、このような自己満ブログを読んでくださって、ありがとうございます。


これから、試験まで残りわずかなので。

さすがに、ブログの更新頻度を下げるかもしれません。


2013年最後の1日、有意義に過ごしましょう◎



誤字2

なぜ生物の記述で、こんなに誤字が…。





口の部分を「切り切り」…。(ーー;)


リアルに、見直しはちゃんとしましょう。



土曜の夜

1週間終わりました。

土曜の夜は、少し気が休まります。(深夜コースなしに決めてるから。)


今週の報告

月: 10h20
火: 8h14
水: 7h40
木: 9h50
金: 9h40
土: 10h23

??-2




勉強状況ですが、、相当ピンチです。

受験予定の大学の過去問一通りやりましたが、一つとして合格者最低点を越えません。

しかし、最初からスタートラインが低いのはわかっていたことなので。。
今や残された選択は諦めないことしかないので、つべこべ言わず頑張ります。




ここのところ、少しだけ「自分」とか「他人」とかについて考えていて、
少し悶々としていたので、なにか記事に書こうかなと思ったのですが。

結局、今のわたしには、「毎日勉強を頑張ること。」しかできないし、なんか、それでいいのかなって思いました。




このあと、1時間くらいかかって、なにかつらつらと書いたのですが…なんか違う気がして、消去っ!

(あまりに虚しいので、頑張ってなにか書いたということだけ報告。笑)

結局寝るの遅くなったし、なにやってんだか…。


ばかだなぁ…とほほほ。


おやすみなさいー



初めての稚魚

コリドラスパンダの赤ちゃんが生まれました◎

熱帯魚を飼育して、1年ちょっと。
今まで何回も、コリドラスが卵を生んでは無精卵で白くなってしまったり、
有精卵が生まれたと期待しては、卵が消えるという謎の現象があったり。。
前回→10月22日

今回、初めて2匹の稚魚を孵すことができました!

ちょっと感動。(´;ω;`)

ちっちゃいコリ〜〜〜


やっぱり、前回卵が消えた原因は、こいつでした。

??-14

この網で隔離する簡易的なやつ。

今回は、2個の卵をこれで隔離していて、
今朝見たら、1匹稚魚が孵っていて、もう1匹がいない、と思ったら。

よーーく見たら、この水色の枠と網の間に挟まって動けなくなっていました。

今回は発見が早かったので無事に救出できましたが、前回消えたと思ったのは、挟まって死んでしまったようです。(´;ω;`)


とりあえず、この網は危険なので、予備の15cmキューブ水槽で2匹の稚魚を隔離しているのですが。。

無事育つだろうか。

このコリドラスのお母さんは、最初に飼ったお魚で、かなり可愛がってきたので、乳母として頑張ります。
(コリドラス母さんは放っとくと自分の子どもを食べてしまう。苦笑)

受験勉強と子育て、両立します。笑




ぶつ切り

今日は集中力がぶつ切りです。50分きざみ。

1週間に1回はダメな日あるなぁ…。


一応時間的にはけっこうやってるけれど、
なんだか頭にもやがかかっていて身についてない感が…(ーー;)


計算ミスも頻発しているし。

計算ミスだけは、本番では避けたい。




ふぁーーー。


んがーーーーー。



やるかーーーーー。




青には底がない感じがする






老けた

勉強がやばいので、深夜コースを増設してから2週間…。あれ?3週間?

ともかく


なんか、急激に…、老けた(ーー;)


目の下のクマと小じわがリアルにやばいよぉ。泣

まだ27歳なのに、小じわって…ああ。
もう若くないんだね…。


でも、それでも、深夜コースはやめません!!(´;ω;`)


夜はこれからです!


頑張りましょう!!!





日曜日は過ぎてゆく

今日は、「日曜日だから!」という、自分ルールにのっとり、のろのろを正当化しています。


「おおかみこどもの雨と雪」みました。
なんか、いろいろ飛躍しすぎてて、ちょっと入り込めなかったカナー…。


で、今しがた麻布大の過去問やりました。
配点が不明なので単純に正答率ですが
英語は、7割くらい、数学は多分6割くらい…。生物は、まさかの6割くらい…。



NOーーー!!!!!


合格者最低点、8割厳しすぎる(°_°)


生物は、マークシートだけど、選択肢の数が指定されていないので、当てはまるもの全て完答しないと0点という、問題形式が厳しすぎる(°_°)

…消去法が通用しないし、部分点も皆無。

問題数も多くて広範囲という…。
ナニコレ。


数学は、そんなに手が出ないほどの難問はない感じ。
ただ、今回確率で問題の意味を捉え間違えてたので…
頑張れば、8割狙える…はず。


生物きついなぁ…(>_<)

これでは合格できない。


今日のろのろしたら、明日からまた頑張る。


…いや、今日の夜から頑張る。



今週の報告

わーーー、やっと、土曜日が終わった。

今週は、なんだか長かったなぁ。


勉強報告です。

月: 10h14
火: 4h19
水: 10h14
木: 7h42
金: 10h20
土: 9h18




1度くさりかけたけど、どうにか復活して頑張れました。
大人になったな、わたし…(`・ω・´)!笑


明日は日曜日だから、まったりめにやります。
まったりしすぎると危険ですが。

昨日録画してた、狼子どものなんとか、てアニメ見ちゃおうかな(*´ `*)面白いかなー。


今日の自己満。
生物の分類が覚えられないので系統樹をかいてみた◎



トイレに貼りました。



では、おやすみなさい✳︎



ねこかもめ

って、こんないきもの?




あと30日

センター試験まであと30日。

ぐずぐずしてる時間はないのはわかってる!!


数学、相変わらず、センターレベルの問題集でも、解けない問題ばかりで、嫌になってきていたけれど……


よく言われることだけど、

やってもできるようになるかはわからないけど、やらなきゃ絶対にできるようにはならないのは、たしかだ。


結局、行動するのは自分の意志と自分の身体だから。


だから、しっかりしてくれ、わたし!笑



動けー

身体と頭が重い。

朝起きてから、今日は、時間だけが、むだに過ぎていく。


…ね。わたし、だめでしょ?



身体、頭、動け!


感情をスルーする。

無心に、淡々と、やる。


机に向かいます。

(ここに書いたからには、やらなきゃの決意)

コメント返信遅れていてゴメンナサイ。



ギブ…

だめだ。眠すぎ…寝る。


let it be…




現実

メモ。

今ぱららとめくった詩集より、心にとまったもの。


およぐひと/萩原朔太郎

およぐひとのからだはななめにのびる、
二本の手はながくそろへてひきのばされる、
およぐひとの心臓(こころ)はくらげのやうにすきとほる、
およぐひとの瞳はつりがねのひびきをききつつ、
およぐひとのたましひは水のうへの月をみる。






なんか絵が描けそうな詩◎


そういえば、わたし、自分で思うに、かなりの直感型です。あんまり深く考えてないです。

生き物のことについてだけは、進路を考えるにあたって、よく考えたと思うけれど。

その他、人間性の面に関しては、かなり浅いです。


だからかな、空想的な世界がわりと好きです。

あれです。
現実と非現実の狭間を描いたような小説とかすごくツボです。
※といってもそんなに読書家なわけではないです。

あ、でもけっこう読んだらすぐ忘れちゃう。
断片的な言葉とか、シーンとか印象しか覚えてないから、あんまり人と語れない。笑


スピッツが好きなのも、そんなに深い理由はなくて。
言葉遣いとかが、ピンポイントでひっかかってきて、それが草野さんの声とメロディーにのっかって。
勝手な空想の世界が見えるから、かもしれない。



ぬー、しかし。
生きなければいけないのは、間違いなくこの現実というフィールドなのだ…。

ちゃんと生きよう。


…の前に、勉強しよう。



自動筆記?

昨日の夜、あまりに眠い中、英語の長文問題をやっていたら、ちょっと意識が飛んでいて、ノートには身に覚えのない謎の和訳が…



日本語崩壊しとる…(・・;)

元の英文にもストレートとかいう単語、入ってないし。


面白かったのでついパシャリ。でした。



高校に行ってきた

今日は、卒業証明関係の書類をもらいに、高校へ行ってきました。

掃除中の時間帯だったのですが、
相変わらず、謎の絶叫や爆笑でぎゃーぎゃーうるさかった、うちの学校。笑

女子校だからか、とにかく、皆はじけててパワフルで、面白い高校だったな。

ま、わたしは当時から変人枠で浮いてたので、友達少なかったけど。苦笑




曇っててこわい感じになっちゃった。笑

これ、校門の前が桜の道になっていて、春になると桜のゲートだったんです。

ただ、わたしは、毎日に必死で、桜が咲いていた風景なんか、あんまり覚えてなかったりする。


覚えているのは、ファイヤーと呼ばれてる猫がいて、(赤い毛糸の首輪が炎みたいだったから)いつも桜の下あたりにいた。

授業中に教室に入ってきたりすることを認められていた、謎の猫だったんだけど、ある日突然いなくなっちゃったんだよなぁ…。
噂では、車にひかれてしまったとか。



でも、久々に訪れると、いろいろな思い出がよみがえるものです。

あーしかし、思い出しても痛々しかったなぁ、高校生の頃の自分は…(´-ω-`)



く…くそぅ…

わたしはiphoneを使っているのですが、買ったまま、アップデートというものをずっとしてなかったのです。

しかし、思い立って先ほどアップデートしました。

ずっと、メールが自動で受信されなくて…。
わざわざメールアプリを起動して確認しないとメールがきてるかどうかわからないのが不便で不便で。

アップデートをしたら直るのでは!

と思い、アップデートをして試しに自分宛にメールしてみたけど…直ってなかった。

しかもなんか、
全ての画面がやたらオシャレな感じになってしまい、不満だ!!

いつも見ているインターネットの画面なんか、こうだ。



なんだこのズザザーンみたいの。

ねこかもめ、こんなにオシャレに表示されると、やる気なくなるわ。

文字を打つ画面とかも、そこはかとなくオシャレ感がただよっていて、嫌だ。


わーん、アップデートしなきゃよかった。
わたしの4Sを返せー!


※使い慣れてたものが急に変わると嫌なタイプ。



センタープレ成績表

12月1日に受けたセンタープレの成績表が返却されました。



相変わらず、第一志望の日獣は厳しいですが、北里大で、初めてのB判定が出ました(>_<)

総志望者598人中、49位、獣医の倍率が10倍くらいだから、合格圏内のはず!

青森行きの可能性がますます高まる…。


でも、これはあくまで、「センタープレ」だし、A判定でも落ちることもあるし、E判定でも受かるという話もありますし…。
特に今回、生物が運良く、できる問題ばかりだったから、助けられただけで、決して安心できる結果ではない。

個別試験では、問題ももっと難しい。
特に獣医学科は生物の個別試験がすごく難しいので。
生物は、昨日過去問やったら半分くらいしかできなかった。
やっぱりマークと、記述だと、難易度が全く違います。
(オープンキャンパスの時に、学生の方が理科選択は化学が良いと言っていたわけがわかる…。)

生物は、細かいところまで、理解→暗記を詰めます。

あとは、一目でわかるように、数学がダメすぎる!!!
数学は、もう、ひたすらやるのみ。


今日はまったりしていたけど、これを見たらまた危機感が。


勉強、やりますかっ!!



みけちゃん、応援よろしくね◎


自己防衛

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

今週の報告

ふぇーー。やっと日付が変わった。
日付変更線までの30分は、マラソンの最後のトラックを走っている心境に似ている。



今週の報告

月:3h27
火:10h35
水:6h27
木:9h53
金:9h30
土:9h23

??

ムラはありますが、深夜帯に1ラウンド追加したことで9時間は突破できることがわかった。

そして、その分、日曜日はちゃんと寝て、勉強はするけど、記録はつけないことにした。
これアプリで記録しているのですが、毎日だと、けっこう縛られるので。
日曜日は、まったりめに勉強します。


なので、今日は深夜コースは行かずに、寝ます。

早寝できる幸せ。


の前に、もひとつ裏記事を書こうかな。



そういえば、先日アップした長ったらしい金沢車中記。
誰も読まないかと思いきや、「5拍手」いただいていました。
5名も読んでくださったとは、、驚きです。ありがとうございました。



追記(2:20)

あれ…なんか、結局寝れない…。

やっぱり急に早く寝よと思っても、難しいのか。

うーん、夜型はやっぱり、だめか…。

寝れないんだったら、勉強すれば良かっただ…


寝…ない

今週、寝不足すぎたので、眠し…(´-ω-`)


でも、まだやる。
もう1ラウンドだけ…、数学やる。

そしたら明日土曜日だから昼間は頑張って、明日の夜は日曜日だから早く寝る。

だから、今晩は粘る(`・ω・´)



暴力目覚ましっ!暴力数学っ!!



日付変更線

やっと日付が変わった。

なんだか、長い1日だったなぁ…。



さ、おやつ食べたら、これからもう1ラウンド、場合によっては2ラウンド、いけるところまで行きますよ!


毎日限界突破じゃーこんにゃろー!




よく夕方、ベランダに出てぼーっとする。

涼しくて目が覚める。




今日は、近所のコーヒー屋さんから、豆を煎る匂いがする。




ひとりで起きるもん笑

おはようございます◎


今日も、燃え尽きるまで、頑張りましょう!!


こんな身体、百遍焼いたって構わない。
(ジョバンニ)


大好きな人に、受験が終わったら、大好きって、自信をもって言えますように。
気持ちを、もっと大切に、受け取れますように。


朝の願いごと。



さー、やるぞー(`・ω・´)!!





小さな冒険

わたしは、「旅行」がけっこう嫌いです。

中学生くらいから、家族旅行も1人だけ家で待ってたし、
女の子て結構みんな旅行が好きで、よく誘われましたが、断り続けていたら誰からも誘われなくなりました。

皆で出かけて、観光地を見て回っておいしいもの食べて・・・
みたいな行為があまり好きじゃないので。(ひねくれ者)

そんなわたしの、珍しい旅行記を、なんとなく思い出して引っ張り出してみました。
昔のブログから再掲載。人の名前など一部伏せ字にしました。
長いので、お暇な方のみどぞ。

今から4年前くらいかな?の冬のお話。


**

はじめての一人旅。金沢へ向かう。
目的は、1月16日、17日に金沢21世紀美術館で行われる美術館における教育普及系のシンポジウムに主査の先生が出るので。
〇〇先生の「まだ行ってないのなら来たらいいわよ」という軽めの一言で決定。
先生にとっての金沢は、私にとっての横浜、くらいの距離感なのだろう。

1月15日の朝、観光に当てる時間を確保するためにシンポジウム前日に出発。
8時半頃小手指発、9時54分の新幹線に乗り、13時半ごろ金沢に着く予定。
西武線が機械のトラブルだかで5分程遅れるが、武蔵野線に乗れれば新幹線には間に合うので、乗り換えの秋津→新秋津間を全力で走る。
靴ひもがほどけたが走った。
間に合った!と思うと、新秋津のホームに人があふれている。
まさかっ!!
……武蔵野線も事故で遅れていた。
(中略)
予定より20分ほど遅れて大宮着。
予定の次の新幹線には乗れそうだ。

特急券売り場にて、金沢までのチケットを買う。
どうも混んでいるらしく、新幹線の指定席はラストだった。
越後湯沢から金沢間を走る「ほくほく線」の「特急はくたか」の指定席は満席。
途中の直江津という駅から指定席が空くというので、それ以降の指定席をとってもらった。
これで、3時間中の2時間は座れるわけだ。良かった。
それにしても、この時期に北陸に向かう人がそんなにいるとは、かなり驚きだ。お姉ちゃんには「酔狂だね」と言われたのに。

大宮~越後湯沢の間は、三人席の真ん中だったため身動きが取れず。窓側の人がカーテンを閉めてしまったため退屈した。
iPodで音楽を聞いていたと思うけど、何を聞いていたか全く覚えていない。

(本当の退屈はこれからだった。)

越後湯沢に着くと、一面の雪世界にテンションがあがった。
1人なので上がったテンションのやり場がなく、〇〇ちゃんに電話してみる。
が、出ない。残念。

乗り換え時間があまりなかったので、はくたかに急ぐ。

ずいぶん混んでいる。
自由席は満席。
みんなすでに立っている。

直江津からとった指定席が2号車だったので、2号車と3号車の間の通路に陣取ることにした。
そこに陣取っていたのは、サラリーマン風のおじさんが5人程。2人と、2人は、仲間らしいが、少し会話をかわす程度。もう一人は、一人で来ているみたいだ。

窓の外の景色が真っ白で珍しいので、ずっと見ていた。
雪ってこんなに綺麗なのかーと思う。
本当に白い。
とても田舎を走っているみたいで、ときおり、雪に半分くらい埋まった民家が見える。
(住んでいる人は大変だろう)
こんなに真っ白でなにもないと、なんだかわずらわしいものから解放されたような気持ちになる。

十日町を過ぎたあたりからトンネルが多くなり、車窓が見れないので本を読むことにする。
持ってきた小説は、いしいしんじの「ぶらんこ乗り」(何度も読んだ)と、村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」(旅行のために買った)

なんとなく「ぶらんこ乗り」を読みはじめる。
何度も読んだ冒頭。
毎回ここでなぜか泣ける。

読み始めて間もなく、電車が止まった。

大雪のため停車…。

今日は雪が降るといっていたし、予想はしていた。

そのとき、12時40分。電車はすでにちょっと遅れていたようだ。

直江津の到着が12時半の予定だったから、もうちょっとで座れるところだったのにな…仕方ない。と思う。

暇になったので、返してなかった同窓会系のメールをまとめて返信。
ビオラ会の幹事なので、みんなに連絡もしてしまおう。

まだ動かないのかなぁ?
止まってからもう1時間経つ…。
これはニュースに出るかもしれないなと思う。

通路に出てきて、携帯で電話を入れはじめる人がたくさん出てきた。
「電車がちょっとおくれていますので、はい…ちょっと今日は…はい」

車内アナウンスでは、次の駅に雪が積もっていて、除雪作業を行っているという。

雪国育ちっぽいおじさんたちが
「こりゃぁ1時間や2時間で動きそうにないぞ」
と言った。

そのときは、まさか~・・・と思った。

14時30分、停車してから2時間。
ずっと通路にいるので、足がきつくなってきた。
バックにHANJIROのおおきめのビニール袋が入っていたので
それを下にひいて座る。

ちょっと、意識がクラクラして気持ちが悪くなった、気がした。
私は閉所恐怖症の気があって、映画館などは嫌いなのだった。
暗くて人が多くなければ、大抵平気なのだけど。
でも、ここで気持ちが悪くなっても本当にどうしようもない。
気持ちを落ち着かせよう、と思う。
甘いべっこう飴を持っていたのでなめる。
しゃがんで目を閉じて落ち着かせる。

深呼吸。

うん、大丈夫そう。

本を読むほどの想像力を使う元気がなかったので、ポケモンをやる。
エスパー系のジムリーダーナツメがどうしても倒せない。
むしに弱いはずなので、ストライクを育てることにした。
レベルが35くらいまで上がったのでもう一度戦いを挑んだ。
最初のエーフィに一撃でやられた。

やる気がなくなった。

まだ動かない。

お昼過ぎには金沢に着くはずだったので、だんだんと乗客もイライラしてくる。
運が悪いことに、車内販売をしていない電車だったため
飲み物も食べ物もない。

私は幸い、駅でチョコレートと菓子パン(ホットケーキ風の2枚入り)を買っていた。べっこう飴もたくさんもっていた。
ホットケーキのうち一つを食べた。
いちごでおいしかった。
もしこのまま、極限状態が続いたら、私のチョコレートをめぐって争いになったりしたらどうしよう、と妄想した。

17時。

除雪作業には、まだ相当な時間がかかるとのアナウンス。
越後湯沢まで帰る電車を出しますので、越後湯沢に帰る方はそれに乗って帰ってください、とのこと。

しびれをきらした多くの人が、移動していく。

さっき怒っていたおじさん、会社の会議を欠席すると電話していたサラリーマンの人。などなど、ぞろぞろ…。

どうしよう…!!?

私は、今なら諦めて越後湯沢まで行ければ、家に帰れる。
家のあたたかい部屋が浮かび、帰りたくなる。

その間も、私の横を、諦めて帰る人たちが通る。
座席のある車両を覗いたが、相当な人が座れずに立っていたので、それでも席は空かないみたい。

どうしよう。

判断ができず、家に電話してみる。

お母さんが出た。

状況を説明する。
「でも越後湯沢まで帰って、越後湯沢に泊まるとしても予約とかしてないし。いざとなったらJRがなんとかするでしょう。」
ということで待つことにする。
「いざとなったら私のチョコを1万円で売りなさい」
と冗談を言って笑った。

さぁ。待つ覚悟はできた。

とにかく、通路は寒いし疲れたので空いた席を探そうと思う。


ずっと通路にいたので、なんだか入ってはいけないような気がして
恐る恐る、車両に入る。

席が空いているように見えたので
「ここの方は帰られました?」
と、窓側のおばさんに聞いたら、
「いえ、まだいますけど」
と、「なにこの子、図々しい」とでもいうように、すごく冷たく言われた。

泣きそうだ。

これ以上、声をかける勇気をなくしてしまい、また通路に引き下がる。

しばらくすると、女性がやってきて、
「席、ひとつ空いたみたいよ」
と、声をかけてくれた。

優しさに、また涙ぐむ。
泣いては恥ずかしいので、目を細めて、「ありがとうございます」とお礼を言って座る。

やっと温かい席に座ることができた。
その女性たちのグループの人が、おまんじゅうをくれた。

越後湯沢まで帰る電車は、30分に一本くらい来て、そのたびに
「旅行を中止されて帰るお客様は、お乗りください」
という。
本音は、もう帰ってほしいのだろうなと思う。

座ると、客席では、色々な情報が行き来していた。
どうも、バスを手配しているらしい。
私は、バスは酔いやすい体質だから、バスで金沢まで行くとかになったら嫌だなと思う。

席に座り、とりあえず待つしかないので、18日提出のレポートにとりかかることにする。どこから持ってきたのか、乗務員からお茶が配られた。
現代都市論の課題で、地方都市における中心市街地の疲弊について、だそうだ。

20時ごろ。バスが着た。
しかし、乗れるのは次の直江津までの乗車予定の人だけらしい。
直江津までの予定だった人は、たったあと少しだったのに7時間も乗っていたんだなと思う。
そこでも何人かの人が降りていった。

21時、レポートが終わった。
止まっている駅は、クビキという駅で、1号車から車外に出れるそうなので
気晴らしのために車外に出てみた。

静かな、雪の夜だった。

世界が止まってしまったみたいに静かで、電車が息をこらしているみたいだった。
寒いけど気持ちがよかった。
ひんやりとした雪を手にもち、投げたり、雪の塊を蹴飛ばしたりした。


そして寒くなったので車内に帰った。

携帯の電池があと2本で心もとなかったのだけど、〇〇ちゃんに電話した。
〇〇ちゃんの声を聞いて、なんだかそれは日常的ないつもの〇〇ちゃんで,私もいつもの私だった。
なんの話しをしただろう。暇だから雪だるま作りたいとか言ったかもしれない。

レポートも終わったので、持ってきたもう一冊の「神の子どもたちはみな踊る」を読み始めた。(「ぶらんこ乗り」は、なんか心の余裕があるときでないと楽しめないということがわかった)

22時。ランチパック(富士宮焼きそば味)と紅茶花伝のミルクティーが配給された。もうこのまま、車内泊だろうという空気がただよった。
私のそばに座っていた、席が空いたことを教えてくれた女性の4人組なんかは、歯を磨きだしたり、メイクを落としだしたりした。
水も止まっていたが、お茶で口をゆすぎ、メイク落としシートをみんなで回して使っていた。
女性特有の、図太さを感じてしまった。


私は、読み始めた小説が思いのほかすごく面白くて、しばし夢中になる。

主人公は奥さんと別れ、よくわからない用事をたのまれ飛行機で北海道に行くのだが、こんな言葉が出てきた。

「でもここでこうしていても、遠くに来たような気があまりしないな。変なものだね」
「飛行機のせいよ。スピードが速すぎるから」とシマオさんは言った。

「身体は移動してても、それにあわせて意識がついてこられないの」


なるほど。
私はなんだか、金沢に行くのに、意識をついてこさせるためにここで何時間も停車しているような気がした。

0時近くになると、車内が少し消灯された。

私も疲れたので、寝ようと思う。

座席の隣は空いていたので、体裁はもう気にせず、そこに丸くなって寝た。
コートをかけて、マフラーを枕に。
人が通るたびに、自動ドアの音がうるさいので、iPodを聞いた。
矢野顕子の「Piano Nightry」を聞くけれど、暖かい日々が思い出されて心細さにどうにも涙が出てしまう。

これはいけない。

Bill Evansの「Sunday at the villagevangard」に切り替える。
久々に聞くエバンスはやはり素晴らしかった。
ラファロとの完璧なコンビネーションは、この状況で聞いてもほうーと思った。
Allice in wonderlandが特に好きだ。
とか思っているうちに、少し眠れたみたいだ。

30分程寝たみたいで、起きると1時過ぎだった。

すると、電車が動くというアナウンスが入った。

しばらくして、そろそろと電車が動きだし、やがて加速していく。

すごい、動いた!

やけに感動した。
ここぞとばかりに、矢野顕子の「Night train home」を聞いた。
「小窓の外、終わる世界に雪が降っている
 寝台車のベッドに横たわる絶望と 希望」
なんてピッタリなシチュエーション!!嬉しくなってにやけた。


深夜1時半。

静かな、雪の降る深夜に。
スピードを上げていく私たちの電車。

この世で動いているのはこの電車だけなんじゃないかっていう気がして
なんだかわくわくしてきた。

窓の外に、大きな工場が見えた。
キラキラしていた。
大きくて、キラキラしていて、どこか異世界の摩天楼みたいだった。

電車も調子良く動き、少しうとうとした。

目が覚めるともう眠くはなかったので、小説の続きを読んだ。

深夜に行った焚き火を前にして、主人公たちが、自分の過去のなにか、おいてきたものや、現在の自分とか、弱いところとか、死ぬときのこととか、そういう、ふだん心の奥に閉じ込めてあるようなものが、少し、大きくなって、外に出る、そんな話し。
たき火を想像した。
私の中での焚き火のイメージも、おなじく深夜である。
毎年、除夜の鐘をつく神社でおこなわれている、あたたかいたき火。

「心配するな。焚き火が消えたら、寒くなっていやでも目は覚める」

この言葉の意味を考えながら。
2回読み返した。

死なないといいなと思った。


この話がすっかり気に入った。

午前4時半を回る。

「次は金沢」
というアナウンス…。

ついに金沢に着くのだ!!





日記はここまででした。

その後、冬の金沢をふらふらと満喫して帰りましたとさ。






寝ない!

今日は、またガス欠しました…。燃費悪すぎ。

けど、困ったときのライオンさんに泣きついて(?)ガソリン入れてもらった(´・ω・`)


でも結局、3、4時間しか勉強できなかったのですが…。

しかし、この時間になってモーレツに危機感、というかやる気が出てきてしまった。

したがって、今日は寝ないで勉強しちゃう。


このまま朝日見てやろうじゃないの!


(ライオンさんに怒られそう。)



今週の報告

月: 1h11
火: 4h13
水: 8h39
木: 7h14
金: 8h6
土: 8h24
日: 8h30



月、火は、センタープレのダメージが響いた(´-ω-`)

でも、やるべきこと
・インフルエンザ予防接種
・高校に連絡→書類は来週取りに行く
・志望理由書 (書き終わってないけど)

はやった。


ずーっと勉強。。
(みんなもっとやってると思うけど…。)


本当は、早く終わって遊びたくて、うずうずしています。

「遊びたい欲(なまけたい欲?)」で身体がぱんぱん。
弾けそうです。


センター試験まで、あと40日。

後悔したくないなら、遊んでいる暇は、ないかな。

母校が川越だから、書類取りに行くついでに、ちょっとだけ、ぶらぶらしちゃおうかな。
なつかしの、小江戸川越◎



あーでも今日は、英語やらないで寝ちゃお。

なぜなら眠いから。


おやすみなさい。



ひとやすみ

ふぇー疲れた。





ひとやすみ。



駿台模試成績表

11月10日に受けた模試の成績表が返却されました。

昔すぎて、忘れてた。

まぁ、DとCしかないという…(´-ω-`)



だがしかし!!
1ヶ月前のわたしと、今のわたしでは別人だから、こんなん気にしない。笑


…というわけにもいかないから、今日はあとで、この時の問題解き直そう!

模試の後すぐに解き直しはしたけど、1ヶ月後とかにやると、さらに良いらしいので◎


昨日、また、ブログを通して、同じ道を志す方を知ることができて、今日は、けっこう気合いが入っています。





合格しましょう!



ぶろぐ

4月から仕事を辞めて受験勉強をしているおかげで、社会から隔絶されているのですが。

不思議と、今までにないくらい、良い出会いがあって。

ブログを介してなのですが。

んー、「運命の人」って、本当に存在するんだなぁ、なんて思っちゃうくらいの。


さっき、なんとなくこのブログを始めたばかりの記事を見返してたけど。
最初は完全に。自分に向けて書いてた。

けど、今は、自分に向かって書いているという姿勢は変わらないんだけど。

こんな、わたしの変な文章でも、見てくれている人が(数人)いてくれる、というのを、少しだけ思うと。
なんだかあったかいような気持ちになります。


わたしの人生の少しの部分を、全然会ったこともない人と、
こんな風に共有しているって、なんか変なような気もするし、不思議です。


ある意味で、実際の友達にも言えないようなことばかり書いているので。

これを読む方って、わたしのことを、実際の友達よりも、よく知っているような、
でも、これは全部わたしが自分で作り出した言葉たちだから、
全部フィクションかもしれないし(違うけど)、本当のところは、なんにも知らないような。


摩訶不思議。


いつか、みんなで会ったら、きっと面白いのにな。
そしたら、案外みんな無言なんだろうな。笑

わたしも多分、対面だとそう喋るキャラじゃないです。



今日は、やっと、インフルエンザの予防接種をしてきました。

びびりまくっていたら、実際打ったらそれほど痛くなかったです。笑


わたしはインフルエンザに罹りやすい体質らしく、去年もなったし、3年前もなりました。
去年は早めに病院で薬を打ったから、症状は比較的楽でしたが、それでも1週間は寝込んだし。

3年前になった時は、4月頭だったので、まさかインフルエンザとは思わず病院に行かなかったら、
「インフルエンザで死ぬ」という感覚を垣間見ました。。。あれは、本当に辛かったです。

あの辛さを思えば、予防接種くらいヘノカッパですね!
(びびりまくってたくせに。ね。笑)



それでは。


Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ