Entries

修行2

仕事を辞めたばかりの4月当初に、血がこわいので獣医さんのブログを見て修行をしている
という記事を書きました。(コレです。)
最近は手術画像も直視できるくらいにはなりました。汗


最近は修行の一環として(?)大動物の獣医さんのブログもいくつか見ています。

ペット専門の獣医さんとは違って、獣医師も、蓄主さんも、動物を愛しているんだけども
それが「産業」の一部である、と思うと、非常に複雑な思いがします。

しかし、蓄主さんが大切に育てている牛や馬を治せるのは、獣医師だけなのですよね。


その中で、馬の獣医さんのとても印象的な文章があったので(勝手に)引用させていただきます。




動物を擬人化しちゃいけない。

-

それはプロとして動物として扱う上での鉄則。

-

治してもらった。なんて思っちゃもらえないし、

-

治してやった。なんて思っちゃいけない。

-

動物はハードボイルド。

-

いつも

目の前に

現実があるだけ。



引用元「馬医者修行日記」


この言葉を読んで、わたしはハッとしました。

獣医という職業の本質を言っているような気がします。

動物が好きだから、獣医になりたい。
でも、好きだからこそ、厳しい現実に向き合わなければいけない、獣医師になれるのか、
ずっと拭えない不安でした。


でも色々な獣医さんのブログを見ていて思うのは、皆間違いなく動物が好きなのですよね。

大動物の獣医さんの記事では、やむ終えず「安楽死」という処置がとられることがたびたびあります。
どんな気持ちだろうと思っていたのですが、やはり毎回心を痛めていらっしゃいます。
動物をモノのように扱う職業だなんて、とんでもないと思いました。



わたしもこのような先輩方のようになりたいと、思いました。




コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://necocamome.blog.fc2.com/tb.php/128-d31d771e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ