Entries

方向転換?

獣医を目指すということで、このブログに書いてきましたが、
以前から、自分の中で「動物が好きで、獣医になれるのか」
という、不安がずっとあります。

昔、獣医学部受験をやめてしまった理由の一つもこれです。

覚悟を決めたつもりですが、やはり獣医は、甘い世界ではないと思ってます。
一生懸命勉強して、仮に獣医学部に入れたとして、
生半可な気持ちでは、途中で挫折してしまう。

まず、もう一度自分の気持ちを整理してみようと思います。
・動物が好きで、動物のことをもっと知りたい
この気持ちが、原動力であって、
・病気を治したい
のかどうか、よくわからないのです。

脳科学の本や、微生物の本、動物行動学の本など
とても面白く読めました。

獣医になる目的として、一番は、「病気を治したい」と
いうことにあると思うので、
わたしの場合、「動物のことを知りたい」だから、
生物学を専攻した方が良いのかも…。

ずっと、各大学の研究室のホームページを見ているけど、
獣医学部の研究室よりも、生物学系の研究室の方が興味がわく。
というか、獣医学部の研究は、難しくてなんだかわからない…。
特に、北海道大学の理学部生物学科は、とっても楽しそう。

逆に獣医は、解剖とか、動物の実験とか、
自分にできるのだろうか…と、不安ばかり。
小動物の臨床をやりたいので、大きい動物は怖いのです…。
獣医の仕事として、牛や豚が必須なのはわかりますが。
牛の解剖とか、想像しただけでびびっています。
物理的に、臓器がこわいのと、動物の命を実験につかうことのこわさ。
自分にできるのか…。
スーパーの肉売り場でさえ苦手なので、ゲロ吐くのは必須だと思う。
それを乗り越えて、動物のことを知ることを探求できるのか。

ただ、生物学を専攻したとして、卒業後どうするのか
というビジョンがいまいちわからないのも、決断できないところ。
獣医になったら、獣医をやればいいのだけど…。

なに26歳で、こんな高校生みたいなこと言ってるんだ
と思われると思いますが、
これがわたしの人生の、リスタートだと思ってますので。
後悔しないように、進路を決めたいです。
上記のびびりも、誰だって辛いところではあると思うので、
覚悟の問題だとは思っています。

うーむ…。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://necocamome.blog.fc2.com/tb.php/27-2c721ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ