Entries

面接のち無気力のち復活

NJ大の面接終わりました。

帰宅後、もうものすごく悔しくて、ぐすんと泣いて、ふて寝していました。

無気力という深い海に沈んでいましたが、この面接の内容が未来のどなたかの役に立つかもしれませんので
覚えているうちに記しておきます。

獣医学科の学士入試を受けられる方、ご参考に。

時系列に羅列します。


<集合>
集合場所の教室に入る。
1次試験通過した人は7人だとわかる。
たしか、17人受験していたから、思っていたより1次で落とされたようだ。。

わたしは、受験番号的に、面接は1番目。
緊張。


<面接開始>
ノック、挨拶をして部屋に入る。
面接官は2人。2人!?
少なくて一瞬戸惑うけど、2人の前に用意された椅子の横で定例通り「よろしくお願いいたします。」と言い、座る。

今後面接官2人を①、②、と表記します。

①「まずは受験番号とお名前をお願いします。」
私「受験番号〇〇、〇〇です。」

①「それでは質問させていただきます。
経歴を拝見しましたところ、今まで文系の大学を出られていますが、獣医学科に入った場合、生物系の専門科目が入ってきますが大丈夫ですか?」

私「はい。大学は文系を卒業しましたが、この1年間、受験勉強のために数学や理科も勉強してきまして、私立獣医学科にも1つ合格をいただけていますので、獣医学科1年生のレベルにはついていけると思います。」

①②「なるほど、それは頑張りましたね。」

①「獣医というと、わりと狭い領域の職業ですが、獣医の仕事というのはどのようなものがあると思っていますか。」

私「獣医というと、わたしも当初は小動物臨床、大動物臨床というところが1番目につく仕事だと思っていたのですが、獣医について調べていくうちに、獣医の仕事は臨床だけではなく、公務員であったり、食肉の衛生管理、化粧品、薬等の研究開発職など、多岐にわたっていると認識しています。」

(特にリアクションなし)

①「その中で、あなたがやりたい仕事はどのようなものですか。」

私「わたしは、現在考えている理想としては、小動物の臨床をやりつつ、研究員として大学に籍を置いて、治療法等の研究をしつつ臨床獣医師をやりたいです。」

①「身内の方で、そのような獣医師などの方はいるんですか?」

私「獣医師ではありませんが、父が歯科医をしていて、自分が歯科医師をやりつつ、東京医科歯科大学の臨床教授という立場で研究や講演などを行っていたので、そのように常に自分は現場にいながら研究をするという姿勢に、憧れていました。」

(ちょっとリアクションよかったかな?)

①「わたしからの質問は以上です。」
②「では、わたしからは、少し科学的な知識を伺いたいと思います。」
(内心「げげっ。」と思う。)
②「獣医というと、食品などにも深く関わる分野なのですが、放射能汚染食品について、どのようなイメージ・認識をもっていますか?」

私「放射能の問題は2011年3月の原発の事故以来、社会的にも問題が高まっていることだと思います。
現在の段階では、政府の基準値は出ていますが、どの程度の放射線をとるとどうなるのかが、未知数なもので、私自身も怖いなぁと思っています。
対策としては、政府が出した基準値をもとに、食品の放射線を計測して公表している。
というところまでしか、知りません。」

(ここでは完全に勉強不足で、放射線汚染食品と獣医の関わりというのが謎だった。)

②「では、昨年のノーベル医学賞を受賞したのは誰で、どのような研究でしたか。」

私「受賞されたのは、京都大学の山中伸弥教授で、内容はips細胞、人の既に分化した細胞を用いて、それに何種類かの遺伝子を作用させることで、全能性を取り戻し、その細胞に色々な刺激を与えることで臓器や骨等様々な組織を作り出せるという研究内容です。」

(軽くうなずかれる。)

②「大学での取得単位を拝見しますと、中国語で卒業されていますが、これにはなにか意図が?」

私「特に意図はありません。英語は受験勉強でやってきたので、どうせ大学でやるなら、やったことのない言語を学んでみたいと思い、中国語を選択しました。」

②「英語の勉強はされていたんですか?」

私「在学中は、就職活動のためにTOEICの勉強などは独学でしていました。」

②「TOEICは何点くらいでしたか?」

私「その当時ですが、500点くらいだったと思います。」
(低っ。。。今だったら英語もっとできるのに、大学生当時の英語力を語ってしまった。
センター8割はキープしていましたとかいえばよかった。)

②「経歴やお仕事を拝見しますと、芸術系と思われますが、大学でもそのような専攻だったのでしょうか。」
私「大学では文化人類学の研究室にいました。」
②「その中ではどのような研究を?」
私「やはりわたしは芸術や創造に興味があったので、人類にとって、モノを作り出す、芸術とはどのようなものなのか、ということを個人では研究テーマにしていました。」

(うなずく程度のリアクション)

①「あ、ではわたしから、先ほどのお話の中で、他の大学に合格されていると言っていましたが、獣医学科ですか?さしつかえなければ、」
私「K大学の獣医学部獣医学科です。」

①「そうですか。獣医学科というのは、毎年全国で1000人くらいしか入れない狭き門です。
K大に行かれたとしても、大体同じですから。
うちの大学とも交流もありますし、これからも頑張ってください。」

(あれっ、これって、うちには来ないでいいよってこと!??
K大でがんばれってこと!!???)
ここで食い下がって。「NJ大が第1志望なんです」と言う言葉が喉元まで出かかるも、なぜか出てこず、

「はい。」

と言ってしまう。

①「それでは、時間ですので終わりにします。お疲れさまでした。」



と、こんな感じでした。予定通り、ぴったり15分でした。

最後の面接官①の発言で、落ちたと思いました。

反省点としては、
・K大よりNJ大でなければダメなんだ!ということを全くアピールできなかった。
→恐らく、先生的には特に経験もあるわけでもないし、学力も普通だし、まぁK大受かってるんならうちに来なくてもいいんじゃないかな、っていう感じなのが、読み取れてしまった。


あと一押し、ずっとNJ大を第1志望にしていたこと、NJ大の研究室についても調べてきていたので、入りたい研究室のことなど言えれば、違ったかもしれない。。
んーーー、まぁでも、「どうしてもうちに来てほしい!」と思わせられるだけの人材ではなかったってことかな。

それと、終止緊張で声が震えてしまって「緊張しないでいいから。」と2回くらい言われました。


そんなこんなで、帰ってから、どうしてもっと強くアピールできなかったかと、相当へこんでいました。


わたしの受験は、以上で終わりです。

決して、全てにおいてベストを尽くせたとは言えない。

けど、NJ大不合格でも唯一私を合格させてくれたK大で、精一杯頑張っていこうと思います。


自分次第で、世界は変わるんだもんね!



コメント

[C398]

面接お疲れ様でした!!
いつか近い未来に私も面接を受けることができたらなという気持ちで読ませて頂きました!
貴重な情報になります!ありがとうございます^ ^
獣医学部の面接は厳しいとネットで見かけましたが
こんなに濃い内容が交わされるとは!
やはり恐ろしい(°_°)
日頃から医療や生物のこと等
ニュースや新聞からピックアップして
時事問題に備えていたんですか?
※最後!大学名公表してしまっていますよ!笑
  • 2014-02-23 03:06
  • カノン
  • URL
  • 編集

[C399] (´∀`)

お疲れ様でし(´∀`)
先方が聞きたいことについては、ほぼ全て
話せてると思うッスよ(´∀`)

どーしても、「そこに行きたい」ってー気持ち
の強さを伝えるよりはぁ、「この学生はうち
でつとまるだろうか」ってー部分の方が重要
だからぁ、そのための面接なのでぇ、先方が
聞きたいことにのみ的確に答えている方が
エエかと。あとは、数値的なモノや意気込み
よりも、むしろ雰囲気が決め手ッスね(コレ
ばっかりは不確定要素)。面接ってーやつは
ヽ(´_`) 上手く行きますよーに。
  • 2014-02-23 07:27
  • ひろぴー
  • URL
  • 編集

[C400] Re: タイトルなし

カノンさん

コメントありがとうございます。
獣医学科の学士入試の情報って、少ないですよね。
少しでも参考になりましたら幸いです。
学士は日獣しか受けていないので他はわかりませんが、生命科学分野の時事的な内容は押さえておいた方が良いと感じました。
わたしも勉強不足だったなと思うところです。。
あ、でもちょっとだけ時事問題対策に役に立ったモノがありました。
画像等も添付したい内容ですので、後で記事にしますね、ご参考までに。

て、大学名随所に公表していますね。笑
そんなに秘密な意識はないのですが、検索にひっかかっちゃうと、そろそろ身バレがこわいので、、(^^;)
直しておきます!ありがとうございます〜!

  • 2014-02-23 10:31
  • ねこかもめ
  • URL
  • 編集

[C401] Re: (´∀`)

ひろぴーさん

ありがとうございます(><)

雰囲気は、2人とも終始リアクションがほとんどなくて、非常にやりづらかったです。。。
1番目というのもあったかもしれないですが。
わたしはわたしでがちがちで、文章で書くとスラスラ言ってる風ですが、しどろもどろな感じになってしまったところも大分ありました。

まだ面接官が5人くらいいればよかったのになぁ。

とか、いろいろ渦巻いていますが、ひとまず終わってしまったことなので
前向きに、どこに行っても頑張ってこうと思います!
  • 2014-02-23 10:36
  • ねこかもめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://necocamome.blog.fc2.com/tb.php/349-02ae10c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ねこかもめ

30歳だけど獣医学生



.

Extra

プロフィール

ねこかもめ

Author:ねこかもめ
30歳だけど獣医学生



.

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングへ